描き初め、仕事初め

毎年1月2日を描き初めの日と決め、少しぐらいの頭痛なら薬を飲んでお軸1本描き上げる気迫があった。
ところが今年はアキマセン。

ヘルペスと腰痛は鎮痛剤でも全く効き目ナシ。
6日になってようやっと1枚描いた。

火曜・日曜教室は通りがかりの人がみてくれることもあり、看板を出している。
「水墨画・墨彩画玉麗会教室」と大きく書き、下に「見学・体験歓迎します」の看板に、雀が止まっている図。

その横の空白に、1〜2カ月毎に絵を描いて貼っている。
今回の初描きはこれになった。

いつもより少し大きめ、横37、縦31センチの紙面。
赤椿7ツ、蕾3ツを丈夫横長に並べ、空間を大きくとって下部にボカシを入れ白梅を描いた。
なかなか迫力のある絵になった。
この絵を見て、『絵を習いたいな』と体験してくれる人がいたらいいナ、と思っている。

予報は本日の気温9度となっているが、上空では寒気が漂っているらしく雪がチラついた。
昨日頭痛で1日中ねていた娘は、今朝シャキッとして寒空の下出かけて行った。

玉麗会は今日から始まっている。
休んでいる私は、元気で新年の挨拶をしている娘の姿を思い浮かべながら、ブログを書いている。

お年賀ありがとうございます
お茶はとても嬉しい(嬉野茶)
サンマルクカフェでメロンパンチョコクロについていたおみくじ「大大吉」をシェアします 何でも叶いますように!(雪)

 

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA