針金1本が支える体

今年は早々とベランダを夏仕様に変えた。

けれども早い時期だったのと、梅雨がこれまた早かったので、暗くしては鬱陶しい。

スダレは3分の2の所で紐で調節しておいた。

梅雨の中休みか、それとも明けた(そんなことはないか)のか、暑い、眩しい日々が続いている。

もう少しスダレを下さないとリビングが明るすぎる。

そう思っていた所へ先日注文したアルミ蒸着スダレが届いた。
ちょっと考えて、これは娘の部屋へ。
娘の部屋のスダレをベランダへ、となった。

新しい仲間 アルミスダレ

 

アルミスダレは紫外線99パーセント防ぐという日本製。
早速つけてみると、ホント熱が違うワ。
今までベランダには3枚吊るしていたが、横に使えば2枚で済む。

我が家には取手付き4段脚立があって、とても重宝している。
スダレ吊るしもこの上に登って作業する。

最上に上ると1メートルの高さ、ベランダではけっこうコワイ。
ここでバランスを崩したら終わりである。

私は痛いのが絶対にイヤなので、何事もけっこう慎重である。
そのおかげで、大きなケガはしないで今に至っている。

スダレは針金で止めたのだが、なかなか通らない箇所があり、体を反らせた。

おっと!アブナイ!

すぐ横に取り付けてあった細い針金をつかんで、難を逃れた。
体重40キロ少々、針金1本で転倒を防ぐ。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA