花と対話

モッコウバラが美しい季節である。

どこにでもあるというほどは見かけないが、咲いていると車で走っていても「あ、モッコウバラ!」と気づくことができる。

クリーム色のが圧倒的に多く、白いのを見つけると、うわっとうれしくなる。

娘がどこそこに咲いていたと教えてくれたら、自転車で行ける所なら見に行く。

10年以上にも前になると思うが、九州を旅行した際、この花のトンネルを通って感激し、そのフラワーパークの売店で買って送ってもらった。

2年目からみごとな花をつけ、あまりにも成長したので下の花壇に移植した。

毎年人の目を引くほどの花をつけ、ケータイを向けて撮る人、立ち止まって見る人、4月下旬から1週間あまりはモッコウバラが主役となる。

昨年の台風は突風が激しく、モッコウバラは支柱ごと倒れてしまった。

造園屋が忙しくて、2カ月近く放ったらかしにされたが、とても私の手に負える作業ではなかった。

作業当日、私は気になって見守っていた。

少し剪定します、とは言ったが、バッサバッサと切られるのを見て、心傷んだ。切られた枝の良い所を持ち帰って挿木にした。

 

モッコウバラを各地で見ても、“ウチのがいちばん美しい”と思う。

花のかたまりがとても大きい。
色がきれい。
身びいきしている。

毎日のように見に行っては、「きれいねェ、あんなに切られたのによく咲いたね」と話しかけている。

モッコウバラの下方一面に広がるイベリスにも、声かけを忘れない。

花は愛でると、必ず応えてくれる。

(玉麗)

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA