玉麗流サンド

朝早くからサンドウィッチを作った。
いま流行りの高級食パンを頂いたので、それを利用。
中身はトマト・レタス・ゆで卵。

「レンジでチンするゆで卵器」なるもおをAちゃんからもらった。
けっこう便利なもので、大いに活用している。

卵は冷蔵庫から出して常温に戻す。
このひと手間で、ヒビ割れ・バクハツを防ぐらしいから、手順を間違わないことが肝要。
その間にレタスを洗って水切りしたり、トマトをサイコロ状に切る。

前回は7分チンして固茹でになったので、今回は30秒少なくした。
正解で、卵の殻を剥くと程よく固まっていた。
これも小さく切る。
卵とトマトをボールに入れ軽く塩こしょう、マヨネーズであえる。
8枚切りぐらいの厚さの食パン3枚。
今日は「塗るチーズ」をこってり、バターナイフでのばす。
その上にトマト・卵のディップをポテッとレタスをのせる。

次に置くパン(真ん中の分)に辛子をポツポツと塗り、チーズを塗る。
この上にもディップレタス、次のパンは蓋のようなものだから何もつけずポンとのせる。

さてここからがサンドウィッチのポイント、重しをかける。
娘がやってきた。

「エーッ 何してんの?ソレ」

まな板の上のサンドウィッチはお皿を乗せられ、さらに水の入ったヤカンが置かれていた。

「これでサンドウィッチになるねン」

本日教室の日、お弁当はコレ。
昨日食べたパン屋のサンドウィッチより美味しかった!

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA