元気が一番

体がなんとなく軽くなってきた。
腰痛が去って行った気がする。
ヘルペスも峠を越して、痛みの箇所が2カ所ぐらいになった。
描き初めをしようと思い立ったのも、気分が変わったからだ。

スーパーへ行ってりんごを買ってきた。
久しぶりでりんごジャムを作りたい。
りんごは国光がちょっと酸っぱくて適しているらしいが、たぶん売っていないだろう、どこにも。
サンふじの一番安いのを買ってきた。
皮を剥いてひと口食べると、やっぱりこれでも美味しい。
ふじはジャムにするには甘すぎるのだろうけれど、ないものは仕方ない。

皮を剥き4ツに切って種の部分を除き、2ミリぐらいの厚さでザクザク切る。
それを厚手の大き目のナベに入れる。
火を点けて、砂糖をぽいぽい入れる、がりんごが甘いので控え目に。
水は入れない。
すぐにジュワジュワ音がして水分が出てくる。
砂糖をなじませるように木べらで混ぜる。
あとは20余分トロ火で煮る。

娘が仕事から帰ってきた。
ナベのフタを開けて「アレッ?」と言っている。
実は昨夜いつものごぼう天がなくて買ってきたサツマアゲ、これが魚くさくておでんが台無しになり、一悶着あった。

娘は頭痛で気分最悪、そこへ変な魚のニオイが漂い始めたから大変!
アレはどうなったンだろうと確認していたらしい。

「クサイのは捨てた。それはジャムです、食べる?」
食べると言うのでパンに乗せて出したら、「おいしー」と言った。
ヤレヤレ、お互い元気になってよかったね。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA