紛失と偽装

草取りをしたり、部屋を片付けたり、その上医者のはしご、とバタバタしていた。
あげく保険証を紛失して、かなりショックだったのかもしれない。

朝ちょっとシンドくなった。
八尾水曜クラスであったが、娘が休んでいいよと言ってくれたので、大事をとった。
水曜教室の皆さん、ごめんなさい。
来月は第1回目に行きます。

保険証は、カウンターの「ちょっと物入れ」の中に隠れていた。
ヤレヤレである。
大切なものは「ちょっと」ではダメなのだ。
ちゃんと性根を入れて保管場所へ納めないと。

ずっと昔、店の陳列棚の上にサイフを置き忘れたことがあった。
幸い、良き店主であったため、30分後青くなってとって返した私の元に、無事戻ってきた。

以後、記憶の限りでは外出中に落としたり、置き忘れたりしてはいない。
ただし、家の中では時々アレッ?どこに入れたっけ・・・と言っている。

そういうことはよく耳にするので、防止策として私はキャリーを引っ張っている。
買ったものは何でもこの中に入れる。
決して別の袋などに入れたりしない。

つまり荷物はひとまとめにしておく。
そのために少し大きめのキャリーに買い替えた。

食品などを買って中身がいっぱいになった場合、軽いものを袋に入れるが、仮に別口にしてもキャリーと一体化させておく。
軽く結わえておくと落とす可能性がある。

上着を落とした苦い経験を踏まえて、ビニール袋をしごいてヒモ状にし、結ぶ。
カッコ悪いのはこの際問題にしないでおこう。

背筋を伸ばしてシャンと歩いていれば、少々のことはゴマ化せると思っている。
甘いかナ?

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA