アイビー

雨で涼しいうちに、ベランダのフェイクアイビーをとっ払ってしまおう。

脚立を出して、アイビーを網に固定しているビニタイをはずしていく。
視界が広がって明るくなる。

この作業も分類で言えば、「ねばならぬ」のカテゴリーに入る。
イヤではないが、アイビーを付けたりはずしたりすることが趣味では決してない。

絵を描くことも、描きたいと思って始める時と、しなけなければならない仕事として描く場合とがある。

「ねばならぬ」人生をひた走ってきた私は、10年程前から疲れを感じるようになり、最近はかなりヘバっている。

好きなことだけをして日々を過ごせたらいいだろうナア、と時々思ったりもする。
1ヵ月の内10日余りは、そうした自由を味わっていられるようになったが、まだ私の責任範囲は決して小さくない。

ずっと仕事を続けられるなんて素晴しいことだと、無責任なことを言う輩がいるが、それは仕事とは言えないものだ。

仕事には矜持と責任が伴う。
つまり「疲れること」なのだ。
「疲れること」をずっと続ける気力がさていつまで持つか?

雨が降る日、人は思慮深くなる。
いろいろなことをツラツラ考え込んでしまう。

でも明日は、晴れではなくても雨は止む。
私の気力も少しは増強されることだろう。

アイビーを取ると光が溢れるようになる。
ひょっとして、ちょっと早すぎたかしらんとなるやもしれぬ。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA