出来た!

私はこの作業に何時間費やしたのだろうか。
たぶん10時間、いやそんなもんじゃない、もっともっと長い。

そして、ついにジャケットが小型化した。
私をのみ込むほど大きかったのが、ちょうどいいサイズに出来上がった。

減量するためにポケットの裏側まで刻み、縫い代を極力少なくした。
何度も試着して襟の形を整えた。

前回にも書いたが、原型をとどめているのは、袖の先から肩にかけての30センチのみ。
他の部分はすべて縫い直した。

間違ったり、気に入らなかったりして、何度もほどき、又縫った。
この服にかけた情熱?は時間だけでは表すことが出来ない。

ミシンのおかげだと思う。
新しいミシンは少々厚みがあってもガシガシと縫ってくれる。
端はジグザグでジャカジャカやってくれる。

もう修理屋へ持って行かなくてもよくなった。

生地は厚手でしっかりしたコーデュロイなので、春先の肌寒い日にちょうどいい。

悪戦苦闘して改良したジャケット、教室へ着て行ったら、誰か話題にしてくれるかナ。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA