誰かを誘ってはいけない日々

皆さんは、どんなことをしてこのコロナ禍の日々を過ごしておられるのだろうか、と想像するが、趣味の多くなく、散歩ですら目的がなければ億劫な身としては、思いつくことがない。

1番手っ取り早いのがテレビ、読書、習い事、ホラこの程度しか思いつかない。

読書は、自分が目が良くないので、大好きなのに読めないジレンマがある。

先日クラスメイトだった男子と電話で喋った。

かけ放題なのでこちらからかける、と言ってくれて、結構長い時間楽しかった。

しかしそれとて、しょっちゅうかけたらまたかと思われてしまう。

私の仕事は波があって、忙しい時はそれなりに忙しい。
手本描きなどに追われると体調を崩すほど頭脳・体力共に使う。

展覧会が近づくとアレもコレもと、ワンサカ仕事が発生する。

けれどもヒマになると、教室に出る日以外は3連休になったりする。

先日まで情熱を傾ける懸案があって(例のジャケットの件)、そっちに気を取られていたからヒマではなかった。

今年中の手本は描いた。

展覧会は10月に延期された。

明日から3連休、うわっ何すりゃいいのん?

桃の梅も咲いてるだろうけど、ちょっと寒いし・・・。

誰かを誘ってどこかへいく、そんな目的を持ってはいけない毎日って、やっぱり満たされませんネ。

(玉麗)


いいじゃないか、出かけない日やひとりでヒマな日があったって。
だからこそ、人と会う楽しみが生まれるのさ。
家でのんびり動画をみよう。(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA