12月 前編

12月は忙しい。1回しか教室へ来られないと言う人がけっこういる。

そんな訳で昨日から「今年1年ありがとうございました。来年もどうぞよろしく。よい年をお迎え下さい。」のご挨拶が始まった。

1年はまたたく間、これは目を閉じてゆっくり開くまでの間を意味する。

過ぎ去った日々はそれほど速いスピードで、遠くへ行ってしまう気がする。特に年の瀬が近づくとその感を強くする。

その忙しい12月のある日、私と友人の待ち合わせ・すれ違いの話をひとつ。

「ヨドバシカメラのビル、阪急側入り口で12時」の約束であった。

午前中アベノまで出かけた私は、時間を気にしながら用件を終え、梅田へ。

待ち合わせ場所へは30分も早く着いたので、ランチをする予定の8Fへ行って下見。どこも少し暗く、私好みではなかったが、少し明るい店を見つけておいて、1Fへ。

11:50。あと少し、ところが12時すぎても友人は現れない。実はこの日ケータイを所持していなかった。けれども2度も確認したンだし・・・もう少し待ったら来るだろうと。

12:15頃。ア、ひょっとしてJR側へ間違って行ったのかと、店内を急ぎ足で通過、ブリッジ側へ。

いない、困ったナ。元の場所でもう少し待とう。

それからさらに10分余り。来ない。

とにかく連絡手段を持って来なかった私が悪いのだから、仕方ないと諦めた時、来た。

「ナンデ、ここに居るの?何回も電話したのに!」

ごめん、連絡が取れなかったのはひたすら謝る。しかし場所を間違えたのはアナタではないかとと言いたかった。

ヨドバシの隣にはリンクス梅田がオープンしていて、地下鉄から上がったらすぐに入口がある。どうやらそこで待っていたらしい。

しかし、ここでケンカしても仕方ない。

ーつづく。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA