12月 後編

友人も、場所を間違えたのはワタシと気づいてくれたのかどうか、以前似たようなことがあった時ほど怒らなかった。

そのかわり、寒いところで立っていたので、膝が痛いと顔をしかめる。ヨドバシの8Fへ上がり、ランチのお店を決めてイスに座って落ち着いたところで、私は友人の膝を温かい手でさすってあげた。

しばらくそうしていると、心が和んできたのか「もういいよ」と言った顔に怒りはなかった。食事を終え、鶴田一郎展を観に行く。

いつもの、グリーンの瞳を少し細めた美人画がズラリと並んでいた。原画には300万円の数字が付いていた。印刷で30万円以上。「スゴイね」と言い合って、会場を出る。

さて、本日の教訓である。

ケータイ依存人とケータイ不携帯のヒト。

どちらがどうと言っても仕方のないことだ。

しかし、待ち合わせの場所は、どのビルのどこそこ(固有名詞)と、しっかり確認しなければならないと反省する。

なんて書きながら、「やっぱりケータイは要るわ、待ち合わせには」と認めざるを得ない非現代人のワタクシです。

12月は忙しい。普段のんびりしている先生(今は仕事が多くて忙しいらしいが)も走り回るほどであるから、師走(しわす)という。

私も先生のはしくれ、例にももれずパタパタしているが、転倒してケガをしないよう、気を引き締めて!!と思っている。

皆さんも、忙しい時こそ落ち着いて、くれぐれも気をつけてお過ごし下さい。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA