台ふきん

台ふきんはいつも白く清潔なものを使いたい。
しかしその用途を考えると、けっこう難しい要望である。

テーブルやカウンターが飲物・食物で汚れたら拭くのがふきんだ。
使えば1度でシミがつく。

わが家はどう対策を取っているか。

台ふきん用のふきんは買わない。

「日本製白いタオル」と書かれた、1パック3枚入りの安価なものを愛用している。
このタオルを半分に切り、切口をプツプツと縫う。
6枚のふきんが出来る。

お茶・コーヒーなどをこぼしたらサッと拭く。
そのままにしておくとすぐシミになる。
すぐに洗えばすぐ取れる。

このひと手間をかける・かけないで、汚れに大差がつく。
面倒がってはいけない。

しかし、洗っていてもやはり少しずつシミがついてくる。
仕方のないことだ。

その時は6枚まとめて、漂白剤を入れた水の中につけ込む。
手が荒れるので、割りバシなどで均等に液をしみこませる。

10分もすればまっ白になる。
これで雑菌も無くなっているはず。
ていねいにゆすぎ脱水して乾かす。

以上を繰り返し、布がゴワゴワしてきた頃を見計って新しいのに替える。
古いものは絵を描く時の雑巾に。よく水がしみ込み使いやすくなっている。
そして汚れたら捨てる。

ふきんはいつも白くて清潔なものを!

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA