マロッキーノの秋

教室で差し入れしていただいたおやつ 帰宅後、ゆっくりいただきました

今日は朝から頭痛で、鬱々、「ああーこのタイプの痛みは・・・」。

長引くぞと思った予感どおり、朝いちで飲んだロキソニンも効かぬまま、なんとか午前中の教室を終えました。

頭が痛くても時間になればちゃんとお腹はすきます。脳みその指令は複雑な仕事をこなしている様子。

けれど、何を欲しているのか痛みのためよくわかりません。ふと、目についたオープンカフェのあるコーヒーショップに入りました。

たいていいつもは、ホットのブレンドコーヒーなのですが、頭痛い・・なんとなく苦味がつらいような気がして、これまた目についた「マロッキーノ」という飲み物を選びました。

カプチーノではないようです。ミルクがたっぷり、ちょっとおしゃれなガラスのカップに入って、「底にチョコチップとお砂糖が入っていますので、スプーンで混ぜて下さい」と言われました。

(画像がなくて申し訳ないです。写真を撮るのも忘れるほど頭いたかったんですね)

温めてもらったパニーノと一緒にいただきます。
スプーンで混ぜたマロッキーノは優しい甘さで、今の私にちょうどいい美味しさでした。

隣に座った親子は、お母さんがコーヒーを、小学校1年生くらいの女の子はジュースを飲んでいます。

英会話を習っているのか、女の子が何度も何度も英語でお母さんに話しかけていました。

「ドゥー ユー  ライク イタリアー?」

笑っているお母さんの代わりに、

「イエス、アイ ドゥ!」

と答えたい気持ちでいっぱいになった私の頭の痛みは、お店を出る頃には、マロッキーノの甘みと、ドゥーユーライクイタリアのおかげで少し和らいだように思えました。

(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA