クリスマスと呼ばれました

「ゆき先生、クリスマスみたいですね」

赤い服を着た日、教室でそう言われました。

赤い=サンタさんみたいですね、ならありがちですが、クリスマス(総称)とは!出世したみたい!とても光栄です。

厚着は苦手なのですが、帽子・レッグウォーマー・アームウォーマー・マフラーなど小物を駆使して暖をとるのが好きです。

モコモコセーターは可愛らしいしあったかいけれど、最近は室内がとても暖かいので、「うわー!暑い!」となってもどうすることもできないし。

昨日のブログにも書きましたが、うちの家はややひんやりしているので、そういう布っぽいものがたくさんあって、それらを身にまとって防寒しています。

今年の1月に買ってもらった大きな電気ひざ掛けは大活躍。スイッチを入れてなくてもガバッとかぶっているだけでほんわりと暖かい。

使い捨てカイロや湯たんぽにもお世話になっています。カイロは外出時に使用しますが、お腹と背中のダブルでつけることもあります。

それでも私は寒い冬の方が好きなのです。しかも、12月が!
年末までのカウントダウン、楽しい時期に突入しました。
私はすでに毎日ご機嫌で過ごしています。

愛用のバンビ柄湯たんぽ・・熱いお湯を注ぐ時に、なんともいえない幸福感で満たされます
変わらないレトロな形になごみます

(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA