病院嫌い

私がなぜ病院へ行かないかについて、友人に話したことがある。

長い長い更年期(だったという結論も、更年期が終わってからわかったことだ)に、私は目まいに苦しんだ。

10年余りの間に、12、3キロ痩せたのも、目まいによる嘔吐のためだった。

その頃はまだ医者を信じるというか頼っていたので、薬も飲んだし点滴も受けた。

けれども1年に2回くらい目まいが起きると、何をどうしても楽にはならなかった。
とにかく、10日間ぐらいはベッドの上であった。

1度、目まいに見舞われると、薬などちっとも効かず、ひたすら横になっているしかなかったのだ。

起き上がるとグラグラ目が回り、オエッとなる。
トイレに行くにも覚悟がいるほど、辛い状態だった。

それでも5、6年は医術に頼っていた気がする。

以後はもう諦めて、目まいが勃発したらおとなしく横になっていた。

当時に比べると、今の方が元気だと思える。

入眠剤に抵抗はあったが、眠ることが体の回復につながると考えるようになってから、飲むようになった。

認知症につながるとの恐ろしい話を聞いて、かなり悩んだが、量を減らす方向で調整している。

つまり、現代医学を信用していない部分が、私の中にある。
効く・効かないを、ようく見極めてからでないと進まない。

こんなことを言えるのは、今のところ元気とは言えないまでも、大病を患っていないから。

明日手術、とでもなれば、信じる・信じないは別として、手術台へ上げられることは間違いないけれど。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA