ブロッコリーは優秀

娘が秋の終わりごろ買ってきたブロッコリーが、収穫期を迎えている。

先日、径8センチほどになったのを採って茹でたら、ほんのり甘く美味であった。

ブロッコリーは7本あったが、友人に1本、息子の家に2本持って行って、今4本になっている。
すべての中心に、ツブツブをいっぱいつけた花序がしっかり形成されている。

(※花序(かじょ)・・・枝の上での花の並び方のこと)

先日採った茎にも、次の小さいのが元気よく天に向かって伸びている。
見るからに力強く、栄養価が高そうであるが、市場に出回っているものは今、手が出せないほど高い。
寒いので成長が遅れているらしいが、このところ青物すべてが高値である。

そんな時の、わが家のブロッコリー。

なんてタイミング良く育ったことか。苗を買ってきた娘はエライ。

褒めると、カエルのおかげだと言う。
ブロッコリーの苗についていた青虫を手に入れるためであったとか。
かの青虫はとっくの昔に、カエルにエサとして与えている。

先日葉っぱに虫喰いの跡を見つけ、よく観察しると、いた。
2匹だけだが、この寒さの中でも卵を産みつけた親虫がいたようだ。

かくして、ブロッコリーはわが家の“いろいろ救済役”をつとめている。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA