本を買う

白土三平さんのセンス大好きです。サスケが可愛い!(雪)

『白土三平 自選短編集』と沢木耕太郎のエッセイ『旅のつばくろ』をネットで注文してもらった。

翌々日届いた2冊は、今の私にとってはちょっとした散財であった。白土三平の漫画が高かったのだ。

昔、『カムイ伝』を読んだ。『サスケ』も。読んだと言っても、自分で買って全編通じてではなく。

たぶん友人に借りたか何かで、何冊か目を通したぐらいのものであったが、劇画の祖と言われる作家の本は、衝撃的であった。

物語の上手さと同時に、動きの激しい画に心掴まれた感じがしたものだ。

四季の姫達の絵を描いた時、きっとその頃の心の動きが多少なりとも蘇っていたに違いない。

『旅のつばくろ』は今読んでいる途中。

推理小説やハードボイルド調は、目が痛くなるまで読み続けてしまう。面白いけれど、体にはあまりよろしくないジャンルだ。

比べてエッセイは、時間に余裕がある時にちょこっと読みが可能で、ハラハラドキドキしないぶん、健康的とも言える。

しかし、ナンダコレと思うような本もあり、そうなると読み進むことも億劫になる。

『旅のつばくろ』はさすがに名ルポライターとしての筆が冴える名文で綴られ、じっくり読みたい本であった。

ちょっと散歩に出る時、小脇に挟んで携帯できるほどの大きさ、軽さであることも気に入っている。

今回手に入れた2冊は、長く手元に置くことになるだろう。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA