ベランダーのワンダーランド

ベランダで花を育てるだけではなく、虫を観察したり、時には昼食、お茶をしたり・・・。
そのためにはいつも整理して、床面をきれいにしておく。

そのような人をベランダーと呼ぶらしい。

私も間違いなくその1人で、ベランダがちょっとでも汚れていると気になって仕方ない。
アブラムシがベランダの植物に発生する。
アブラと名がつくくらいだからベタベタしている。

植木鉢、手摺りなど雑巾で拭く。
ミカンの木も葉がベタついてイヤなので思いついたら拭く。

ン?ワッ!みかん(日向夏)が成ってる!!
1個だけ。
径1.5センチくらいになっている。
アゲハの卵があっちこっちについている。
わが家から飛び立った子が産んだのだろう。

隣のサブロー(ブロッコリー)を見ると、シロちゃんの子があちこちにいる。
もう食べる葉がなくて途方に暮れている感じ。

別のブロッコリーのなるべく柔らかそうな葉のついた枝を切り、オアシスに挿して移動させた。
なんだか嬉しそうに動き回り、葉を食べ出した。
捕食者を警戒して室内へ保護。

アゲハの子とシロちゃんの子が同じケージで育っている。
各々に1ツだけサナギがいる。

チョウだけではない。
蜂の子、テントウムシの幼虫、そしてアブラムシは嫌になるほどワンサカいる。

わが家のベランダは花や野菜がよく育つ。
それらを食草とする虫達も、よく育つ。

ウドンゲの小さいのも見つけた。

小規模ワンダーランドは暑くなる前の数十日間だけ出現する。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA