ベランダにて

ベランダで土いじりしても寒くなかった今日。植え替えたり寄せ植えにしたりして、午後の時間を費やした。

昨年手に入れたペラルゴ、その年咲いていたのを買って、花が終わると切りつめた。しばらくすると傍から花芽が出て、また咲いた。咲き終わったら、すぐ切った。
今、誰が見ても「スゴイ!」と言うだろう。
誰にも実物をお見せできないのが、残念ではある。

ペラルゴ!
この写真のどこかに、ジャン君がいます どこでしょう?
こっちはすぐわかるかも

ミニバラは、ひと回り大きな鉢に、山アジサイはふた回り大きく、その他は寄せ植えにして肥料を入れておいた。

今季は、ブロッコリーが2鉢しかない。前期の分を2鉢残しておいてよかった。暖かくなったので、花蜂が飛び回っていた。ブロッコリーに卵を産みつけるつもりだろう。ひょっとすると明日あたり、予報では19度となっているから、アゲハが飛来するかも・・・

日向柑が狙われるが、網をかけると彼らが受粉するのを妨げてしまう。ジレンマに襲われながらも、編みかけをしばし待っている。

日向柑の蕾は徐々に膨らんでいる。このまま暖かい陽射しが降ってくれれば、来週あたり芳香が漂い始めるだろう。
昨年手に入れたので、花を見るのは今年が初めて。その次は実を、と期待でいっぱい。

レモンがあった頃、毎年実が成った。多い年は35個ほど。ベランダで、信じられないことだ。今は息子の家の庭で大きくなり、幹も太くなった。しかし、35個もは成らない。せいぜい10個ほど。

地に下ろしてやったのになぜかと言うと、その「地」が良くないからである。私は行くたび草を取り、根元に重ね、肥料を施すが、虫が多いのも木にとっては難儀なことなのだろう。新芽が、我が家に居た時のように勢いがないのも痛々しい。

土壌を改良するには大変な作業なので、見るたび気になりながらもどうすることも出来ない。もっと近くなら、頻繁に世話をしてやれるのに、とも思っている。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA