貝母(バイモ)

風太がモデルのものがたりを書いた。そのものがたりをいつか本にしたいと考えている。本の挿絵は娘が描くことになっているが、私も1枚描いて、今日完成した。(この次の展覧会に出品する予定)

ぶっ通しで3時間、首が痛くなって休憩。娘が買ってきてくれたりくろーおじさんのチーズケーキ、焼きたてで温かかった。紅茶をいれていただきまあす。

 

2月下旬、杉瀬公美さんの作陶展へ行った。奈良の平群にある菫窯(すみれよう)で古希展を開催されている。息子の家も奈良なので、お嫁さんのAちゃんも誘って3人で出かけた。

杉瀬さんにはもう20年近く前に、お世話になった。紹介して頂いた教室は今もずっと続いている。恩義を受けた方に礼を尽くすのは当然のことである。

上品な色合いのお皿2枚、私用のマグカップ、ギフト用にぐい呑み2つを手に入れた。小ぶりのマグカップはとても軽い。ホタルブクロの花の絵がついている。さっそく愛用品になった。お皿2枚もちょうどいい大きさで、使い勝手が良い。

工房兼ギャラリーでお茶を頂いた。大きな蓋付き菓子器はもちろん杉瀬さんの作で、中にはおかきとオレンジピールが入っていた。Aちゃんが「これ頂きます」とつい手を出したのがオレンジピール、私も口にいれて、「ア、美味しい!」

「ひょっとして、どなたかの手作りですか」と問うと、今回は奥さんが作ったもので、いつもは杉瀬さんの手作りとか。帰りに袋にいれて、お土産に頂いた。無農薬のオレンジが手に入ったら作るのだそうな。

帰路の車中でつまむと、肉厚のピールは食べごたえがあり、後からピリリと舌にくる。これがくせになりそうな味なのだ。

貝母(バイモ)という珍しい植物(蕾がついていた)を花器にいれて、頂いた。ベランダに出して陽に当てると、ピンと上向きになった。どんな花が咲くか楽しみである。

貝母(バイモ)です 葉の先がくるっとなって可愛い
つぼみ

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA