あと少し

体が力強く動かないとか、手足がすぐ筋肉痛をおこす。

以前のように、キビキビと行動出来ないことにイラついている訳では決してない。

むしろ、ようやってるナアと自分に感心する。
いやそれを通り越してアキレていると言えば良いか。

それでも時々、「テクマクマヤコン お花畑になれー」なんてひそかに思ったりする。
なったらほんとは困るンだけど。
手入れ誰がするの?

どこのマンションでも、緑はあっても花壇はあまり見かけない。
その訳がやっとわかった。
花は手入れが大変なのだ。

いつ見てもキレイな状態にしておこうと思えば、誰かが管理しないと、花はずーっと咲いている訳ではない。

それでも、花を植えたい。

美しく咲かせたい。

その一心でドクダミを除去し、土を耕し整える。

今移植しているイベリスは、夏・秋・冬と緑の葉を絶やさず、春には鮮烈な白の洪水を見せてくれる。

来年の春、草だらけだったところに真っ白な花が咲く。

「キレイに咲いたねェ」と『つぶやき賛辞』を贈るために、少しぐらいの筋肉痛は仕方ない。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA