YouTube動画の「広告」に関するお知らせがありました

YouTubeの規約が更新され、その中のひとつに
「YouTubeに配信している全ての動画に、6月1日より広告が流れる」
というものがありました。

まだはっきりとはわかりませんが、6月からベベロッカの動画にも広告が流れる可能性があるそうです。

こんな小さなチャンネルなのに!

でも、もし広告が流れても、
・あくまでも、YouTubeの規約で決められたことで、広告に関して現在私には何も権限はありません。
・当然、ベベロッカチャンネルへ動画の「収入」は発生しません。
・広告はほとんどが5秒でスキップできます。
ということをご了承ください・・・・

うーんでも、YouTube動画はよく知らないので、広告ってどういうこと?
という方へ。

 

以下、少し調べてみました。
私が知る限りの、YouTubeにおける「広告」について少し紹介させてください。

YouTubeに慣れ親しんでいる方なら、動画の最初か途中に、色々なCMが流れることをご存知だと思います。

テレビと同じで、広告は広告主であるスポンサーがYouTubeと契約しているものです。

トップユーチューバーになると、登録者数も再生回数もすごいので、CMが流れる数に比例し、それが「収入」に反映されるため、仕事として成り立ちます。

動画再生中、広告を入れるかどうかは、チャンネル配信者が選択することができます。
ベベロッカチャンネルなら、配信者である私です。

ただし、その選択権を持っているのは、
「登録者数1,000人以上」
「年間視聴回数4,000回以上」
という基準をクリアしたチャンネルに限る!というルールがあるのです!

つまり、たくさん見られている動画に広告を流したら多くの人に見られるので効果的だから、ということで、テレビの「視聴率」と同じです。

小さな小さなベベロッカチャンネルは上記の基準をまだクリアしておらず、当然、広告とも無縁です。

でも、小学生の憧れの職業としてランクインされているというユーチューバーですが、それだけで生活できている人はほんのひと握りと言われており、
「登録者数10万人以上」が最低のラインだとか。

仮に最初のハードルの「登録者数1,000人」が達成できて、広告を入れたとしても、その程度じゃあ何も変わらないということです。
収入源として捉えた場合、それくらい厳しい世界なんですね。

大体イメージができたでしょうか?

 

広告はいろんなタイプがあって、5秒くらいでスキップできるものが主流ですが、たまにスキップできないものもあるんです。

また、広告を見たくない!という方はYouTubeプレミアムという有料プランがあって、これに入るとどんな動画の広告も流れないそうです。
YouTube側としてはビジネス的にそちらの方への誘導も考えているのかもしれませんね。
でも、このコロナ禍で・・・・・厳しいなあと思います。

インターネットの世界は常に、目まぐるしく物事が変わるため、どんな風になるのかひとまず様子を見ていくしかありません。

そんなわけで、YouTube動画事情のお知らせでした。

ベベロッカチャンネル「登録1,000人」達成は一体いつになることでしょう?!
とても小さなチャンネルですが、楽しんでくださる方々と一緒に、少しずつ充実させていきたいです。
これからもよろしくお付き合いくださいね!

(雪)

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA