あさって組

今期の、虎の図をお軸に描く研究会が、全て終わった。

あ〜〜〜終わったンだ、と思うと、肩からスーーッと力が抜けていく。

最終日、唯一の男性Nさんが、
「皆さん元気ですよねェ、僕なんかもうクタクタで、めっちゃ疲れました〜」。
片付けを手伝ってくれて、最後に残った彼が言う。

その、「皆さん」とは、彼の2.3倍くらいの年齢の人達のこと。

Nさんは、都島教室の会員だったが、引越ししたので今は八尾教室へ移った。
都島教室の時代はもちろん、八尾でも大歓迎されている。

誰からも愛される性格、穏やかでちょっとお茶目なところがあって、あっさりした好青年のNさん。

彼が驚くのも無理はない。
祖父母はもう亡くなられているようだから。

娘が笑いながら説明している。
「ウチの母(私のこと)もそうだけど、今日と明日ぐらいはけっこう元気なんですよ。あさってぐらいになるとパタっと能面のような顔になる。その日か翌日に疲れたーッと言うのは、若い人です」

ヘエーーエ、そうなんですか、と聞いているNさん。

そうなンですよ。
歳を剃ると、緊張が解けるのに時間がかかる。
疲れは緊張が緩んだ時に、待ってましたとばかりに顔を出すもンなんです。

今夜、疲れたーッと言って爆睡できるのは、若者だけ。
年寄りとは言いたくないけれど、私達は「あさってグッタリ組」なのだ。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA