秋の気配

気温30度を切ると、涼しくもないのに秋風の気配を感じたりする。きっと、ひときわ気の早い秋の虫のせいだ。

もう耳に蝉の声は遠のいて、チ・チ・チ、ジ・ジ・ジとかすかに聞こえる声を捕らえようとしている。

私の好きなカネタタキの鳴き声がする。この虫は木にも登る。ベランダにも来る。地面の草陰にいるとばかり思っていたが、間違いだった。

あの小さな体でけっこう力強く音を出す。私の耳には、リ・リ・リ・リと聞こえるのだけれど、カネタタキと呼ばれるくらいだから、金属的な音なのだろう。

本格的に響いてくるのはもう少し暑さがおさまってから。今年も楽しみなことだ。

陽が陰った午後、挿し木をしておいた菊とルリマツリを植え替えた。いつ芽が出たのかオキナワスズメウリが2本、本葉を出している。

私が作った発砲スチロールの苗床は、いろんなものが芽を出す。いろんな種をチョイと埋めるからだ。育つものもあれば、すぐダメになるのもある。

オキナワスズメウリはもう絶えたと思っていたが、しっかり引き継ぎがあったらしい。春に出た芽は、キュウリの枝に取り付いて元気いっぱい。しかし、なかなか花は咲かない。

土をいじるとベランダの床が汚れる。土いじりのあとは掃除機をかけるて雑巾で拭く。

ベランダでカネタタキが鳴いた年があった。下から登ってきたのか、土に卵がついていて生まれたのか。

私は毎夜、彼(?)が出すリ・リ・リ・リの音を、もっとも近くで聞こうと忍び足で窓辺に近づく。するとピタッと音は止まる。離れてしばらくするとまた、リ・リ・リ・リ。そうやって、季節がゆっくり動いて行く。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA