4人の作品

6月までの特別教室が、昨日終了した。

後期は9月から始まるが、干支のネズミを描きたい人がけっこういる。

7月上旬の“とんでもなく暑い”がやって来ないうちに、研究会を1〜2回予定しなくては思っている。

けれども膝の様子がはっきりしないので、なかなか『よしっ』とならなくて・・・。

リビングのエアコンを始動した。

今期初めてのことである。

教室は、みんなが集まるとけっこう温度が上がるので、適宜かけてはいるが。

一昨日の雨で、地面が吸収しきれない水分を空気中に放出している。

湿度が高いとベタベタ汗が出て、体感温度はより高く感じられる。

日本の夏が始まったのだ。

 

よく『大阪は天神祭の頃が一番暑い』と言われてきたが、最近は、その頃からずうっと暑い。

雨が降ったら少し涼しくなったのは昔の話で、今や雨は大地を冷やすほど降らない。

降ったとしても、太陽の力が強すぎて冷やす前に乾いてしまう。

室内でいれば、エアコンで涼しいけれど、体内も涼しくなって、夕方にはおなかがパンパンになる。

ユーウツな夏である。

(特別教室)後期用の手本はまだ1枚も描いていない。

と、書けばウツ病になりそうなので止める。

今日「河童」を描いた人がいて、なかなかよかった。

「紅椿と雀」も豪華だったし、写真を見て描いてきた絵を仕上げた人もいた。

「高砂」は翁(おきな)、媼(おうな)、ツル、カメ、朝日、とおめでたづくし。

皆さん、黙々とよく頑張ってくれました。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA