免疫35年

達磨大師は面壁9年ー。

 

今日、特別教室で達磨を描いた人がいた。

達磨大師についての解説を少々する。

洞窟の壁に向かって、9年も座っていたから足が萎えてしまっただろうとの解釈から、起き上がりダルマが作られた。

特別教室は毎回、何らかのハプニングがあり、それをなんとか解決しながら終了まで持っていく私の姿をみて、娘が言う。

「達磨大師やなあ、スゴイわ」

私は、「(面壁ならぬ)免疫35年ですからネ」と返す。

とにかく何があっても笑って解決。「私、失敗させませんので」が最近の合言葉になった。

今日来られた人の1人がこの言葉を大変気に入って、教室でもよく口にしてくれる。私もとても気に入っている。

そうなると余計のこと、怒ったり落胆してはいられない。

それもこれも、全ては出来上がり、完成時の達成感を味わうため。

 

いい作品が出来上がりましたね。

目が熱くなっています。
残念ながら、感動で、ではなく酷使したからデス。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA