椿は、手強くて楽しい(1月2回目手本)

毎年描く玉麗椿(会員作品)

 

添削中

 

添削中

 

ぼかし仕上げ前(会員作品)

 

添削・ぼかし完成後(会員作品)

 

1月2回目の手本は、「椿」です。

椿は非常に難しいテーマ。

初心者は、花を描く時の独特の運筆と、手ごわい葉っぱに悪戦苦闘しますが、会員の皆さんはさすがにきっちりまとめてこられます。

最初は、細かい点はあまり気にせず、大まかに(手本の)構図全体をじっくり真似してみましょう!

花びらや葉っぱの濃淡と形ばかりに気を取られ、うまくいかなくてガッカリする気持ちはよくわかりますが、運筆は少しずつで大丈夫ですよ!

それと、やはり本物をよく観察することが大事です。
限られた時期にしか咲かない花を、よく見て頂きたい。
その時に、咲いている花だけではなくつぼみ、しべ、がく、葉っぱ、などいろいろ観察してみて下さい。

あんまり手で触れたりジロジロ見ていると、「怪しい人」に思われそうですので、スマートフォンを片手に写真を撮りながらが良いと思います。
植物に触れる時は、傷つけないようそうっと。

※開花時期以外の時に「椿」を観察する時は、葉につく毒虫にご注意を!
茶花系につく、イラガ、チャドクガなどが怖いです。

 

3分ムービーよりもう少し詳しい椿の運筆が見られます↓

(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA