「てっさ」の行方

知人が「ちょっとだけやけど、おすそわけ」と言って『てっさ』を持ってきてくれた。
こういうものは少しだけ頂くのがいいんです、と言いながら有り難く夕食の一品に。

ふと思いついて、ジャン達にもと小さく切って与えようとしたが、ア、そうだとベランダへ。

夏からずっと咲いているペチュニアの花を1輪取ってきた。

『てっさ』は、透き通るほどの白身、カエル達は目があまり良くないので、このままでは見えないのだ。

濃いピンクは彼らの目にもよく見える。

スプーンに『てっさ』をのせ、その上に小さくちぎった花びらを置くと、ジャンはさっそく目で追って、パクッとひと口で食べた。

「ジャン、これ『てっさ』って言うねん。フグの切り身、美味しい?」

「フーッ」

満足したのだろう、ジャンは大きな鼻息で答えた。

2切れをカエルに分けてやりました、とは言わないでおこうか。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA