手本を描く

体調が整ってきたら、手本描きの仕事が待っている。

今描いているのは、今年後期の分。
後2枚となったところで、ツマづいている。

手本のアイデアがスラスラ出てくる時は、一気に3枚ぐらい描けてしまう。
ところが、何を描こうか悩みだすとパタっと止まって先に進めない。

これはヤヤこしすぎる。
こんなのみんな喜んでくれるだろうか。
この手本だと時間内では無理かも。
・・・・・

そんな時は、下の花壇へ行って花の世話をする。
今日は娘が教室なので、「マフラー持った?」と言ってくれる人がいなかった。
ちょっと寒い。

菊が優秀で、長い間見る人の目を楽しませてくれたが、もう古い枝は切らなければ。
皇帝ダリアは順調に育っていたのに、寒波のせいか枯れてしまった。
これらを整え、抜いた後に別の花を移植する。

「ワッ、もう大丈夫?病み上がりなのに・・・・」
と声をかけてくれたNさん、私のブログを読んでくれている。

「うん、もうそこそこで終わるから」
と答え、ビオラの花ガラを取って終了。
これ以上いると耳がしもやけになりそう。

気分転換は功を奏し、午後もう1枚描いた。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA