楽しいこと

ジャケットならどれでも上手く
出来上がる訳ではないが
夏物や薄手のものは縫いやすいので、
飽きてきたら袖をジョキジョキ切ってしまう。

切った袖を可能な限りバイヤスに裁って
切った所の処理に使う。
麻生地はとても縫いやすい。

先日ストライプ柄のジャケットのフードを
切って軽くした。
今日はチェック柄の襟付きジャケット(麻)を
ベストに作り替えた。

最初、手縫いで始めたが
やはりミシンでしっかり押さえておかないと、
と思ってミシンを出す。

麻から始めると、けっこう元気なので
スイスイ事が進むが、午後になると
少々モタつく。

で、バイヤスに切った布を逆さにつけてみたり
針で指を刺したり、ミスが続き
ますますイライラする。

そんな時は休憩。
お茶を飲み、甘いものを食べて
カエル達に声をかけたり、メダカにエサをやったり・・

15分ほど別のことをして目薬をさすと、
では。

その後は何とかうまく進行して、出来た!
着てみると、ア、いいね。
1人呟きながら、本日の作業終了。

学生時代、家庭科があった。
(今はどうなんだろう)

母にいつも、“ブチャーハーな”(不器用な)と
言われていた私は、縫ったり、
料理したりが得意ではなかった。
だからちっとも楽しくなかった。

子供の頃の私は“達成感”という高度な
感情を持ち合わせなかったのかもしれない。

今は嬉々として「出来た!」と
目を輝かせている。
もっと早く目覚めていればナア・・・。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA