食材を手に入れる

歩いて10余分のところに某スーパーがある。
すぐ近くのスーパーは高いので、野菜や果物を買う日はキャリーを引っ張って遠くの方へ行く。
もっと安くと思えば娘に車を出してもらって、もっと遠くのスーパーへ出かけ、何日分かをまとめて買ってくる。
特別なものが欲しい日はバスに乗って梅田へ。

なるべく歩いた方が良い。
1日1回は外へ出る用事を作ってその辺を歩こうと思ってはいるが、マンション住まいの身はしょっ中、「ア、今日外へ出なかった」となってしまう。

とにかく疲れることをしないとグッスリ眠れないヒトなので、買い物に限って考えてみると一番疲れるのは、バスで梅田へ行き、デパートを見て歩き、地下で食品を買って帰ること。
しかし、サイフのヒモをしっかり絞めていないと思わぬ出費に、しまった!となることもままある。

今日、これは疲れるワと実感したことがある。
玉ネギ、キャベツ、調味料、果物その他を買った。

さて帰ろうとキャリーを押すと、重い、重すぎてスムーズに動かない。
押したり、引っ張ったりを交互にしながらやっと帰ってきて、マンション入口付近のちょっとした坂道で、あーシンドとなった。

帰宅し、生ものだけ冷蔵庫へ入れてソファへ倒れ込むように座り、リクライニング。
すぐ眠ってしまった。
30分で目が覚めたらスッキリしていた。
重たいものを引っ張って歩くってこんなに疲れるンダ。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA