シロちゃんも来た

ゴマより小さなモンシロチョウの卵、細長いです
こちらがアゲハのタマゴ まん丸です

 

シロちゃんがタマゴを産む瞬間、初めて見た。

そこはサブローと名前をつけている4年ものブロッコリー。
「サブロー」とはサー・ブロッコリーの略で、わが家で育てたもののうちの最優秀品、つまりさー(Sir)の称号をつけて呼びたくなるほど位が高い。

とはいえ4年目である。
古木の様相を呈して、新芽もあまり出ていない。
なのにシロちゃん(モンシロチョウ)は産卵した。
こうなったら面倒をみるしかない。

タマゴが孵化して青虫が移動できるようになったら、キャベツか何かの苗を買ってきて移してやろうと思っている。

アゲハが羽化するとき、感動的である。
シロちゃんは羽化したての時、天使のように愛らしい。

チョウ達は天敵から身を守る術のひとつとして、幼虫時代は気持ち悪い姿をしている。
けれどもひとたび空を飛ぶ羽根を得れば、美しい、愛らしい、心癒される存在となって私達を楽しませてくれる。

日向夏は実をつけなかった。
けっこうついたが、すべて落ちてしまったのだ。

私はがっかりすると同時に決心した。
この木をアゲハに提供しよう。
それで今年は網をかけていない。

しかし・・・。

あの5レンジャー達が戻って来た様子は、今のところない。
ひょっとしてすべて男の子だったのかと思ってみたり・・・。

2期生の長子 現在サナギ中
年の離れた2期生その1
2期生その2
2期生たちを家の中へ保護しました

 

今わが家にいるのはサナギになった子が1匹。
日向夏の木には1週間ほど前に生まれた子が確か2匹。
そしてモンシロチョウが加わった。
シロちゃん、何頭育つだろうか。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA