シーサー

シーサーが好きだ。

沖縄の家の守護神シーサーを好む人は多いらしく(と言っても、そうそう売れるものでもない)、時々であるが個展があったり骨董屋で見かけたりもする。

ずーっと昔、朱色に近い色に塗られたシーサーを、通りがかった画廊の個展で見つけた。

引き付けられる様に近づいたが、すでに赤い丸がついていて、予約された後だった。

同じ様なのを作りますと言ってくれたが、値段を見て諦めた。

Tさんが作ってみます、と言ってくれて何体か受け取った。

飾ってくれるだけでいいと、代金は受け取ってくれなかったので、絵の材料か何かを贈ったように思う。

なかなか愛嬌のある顔で、今も玄関に置いている。

骨董屋でシーサーを2体見つけた。

1体はどこか欠けているということで1,000円でいいと言う。

でも顔が好みではなかった。

もう1体はキリッとして男前であった。

こっちにしますと言ったら、少しオマケしてくれた。

 

 

シーサーは獅子、つまりライオンのことである。

獅子舞の獅子も同じなので、手に入れたシーサーをモデルにお正月の絵を描こうと思っている。

どんな絵になるか今のところ全く決まっていない。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA