人前でしゃべるの苦手

先日の、教室再開第1日目のこと。

日数でいえば90日以上、会員たちとまるっきり接触していなかった。

電話やメールはすべて雪がやってくれるので、私はのほほんとしていた。

他人と接するということは、楽しいこともいっぱいある反面、気を遣ったり、チクっと痛いことなども言われたりする環境に置かれるので、逞しくはなるかもしれないけれど、ストレスがたまる。ダメージを受ける。けっこうシンドイ。

それがコロナ騒ぎでピタッと止まった状態になった。(実際には1回ガツンとあったけれど)

 

雪はちょっとばかり、ハラハラしていたのではないだろうか。

3カ月も人前で話す機会から遠のいていた私が、言葉数が少なめになった私が、会員達の前でスラスラと説明できるんだろうか。今後の教室の在り方についてを。

私自身はなーんにも考えていなかった。
そうだ、私が説明するんだったと、教室が始まって初めて気がついた。

たぶんそれが良かったのだろう。

久しぶりにお目にかかった皆さんが、お元気で、3カ月のブランクなんて全然感じなかったのも功を奏して、私はウロたえることもなく、一連の言うべきことを話し、「では今から始めます」となった。

実は私はとてもアガリ症で、人前で話すことが大の苦手である。

「エーッ、そんな風に全然見えないです」と皆さん言うが、本当はハラハラドキドキなのだ。

35年の間に、パッパと仮面をつける技を磨き、やっと「そんな風には見えない」までになったものの、皮膚1枚下では血流が制限速度をオーバーしてビュンビュン走るのを、制御できないままでいる。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA