最後の晩餐

コロナの予防接種は、ちょっとの間、休みがあった。
それで娘は、2回目の注射がまだ打て打てずにいたが、先日やっと終わった。

接種前夜の夕食時、
「最後の晩餐になるかもしれんから、よう味わって食べよう」
と言うので、笑ってしまった。

最近はインターネットでなんでも大袈裟に、あるいは間違って広まっていく。

若い人達は、副作用がキツイ、死に至ることもある、などと知らされると、そんなはずはないと思っていてもふと心配になってしまう。

さっさと2回終了している私でさえ、ワクチンが5年後、10年後に何らかの作用を引き起こす可能性もある、などとどこかで仕入れるたび、ちょっとだけドキッとする。

接種前夜の献立は多かったが、メインと言えるものがなかった。
当日の夕食は、牛丼であった。
副菜は、モロヘイヤをサッと茹で、かつおぶしを乗せてポン酢をかける。
体が喜ぶ一品である。
牛肉はいつものよりやや高価で美味しかった。

「(2回目)最後の晩餐にふさわしい、美味しい」

接種後のアナフィラキシーはなかったが、今夜熱を出すかもしれない・・・・・。
娘の心配事はまだ終わっていないのだ。

さて、明日の「最後の晩餐」は何にすべきか。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA