ルリマツリホテル

アゲハが次々に羽化している。

きのうは4頭(アゲハは1羽ではなく1頭と呼ぶ)出発した。

少し雨が降った。

彼らはちゃんと雨宿りする。

羽化して羽が乾くと、娘がペチュニアの花の上にそっと置いてやる。

天気が良いとすぐ力強く飛び立つが、雨模様の日はちょっと躊躇している。

迷っているうちに陽が傾いて光が弱くなると、羽を開いたり閉じたりしながら、すぐ隣のルリマツリへ移動した。

ルリマツリの花の細長い管には蜜がたまっている。それを吸っていたのかもしれない。

次に見た時、辺りはすでに暗くなってきた。

もう1頭はすでに飛び立って姿がなかったが、大きな羽の子の方がルリマツリの花房にブラ下がっている。

チョウは夜になると、花や葉の陰にブラ下がった状態で眠る。

今までに累計800頭近いアゲハを、このベランダから飛ばしてやったが、泊まっていく子はいなかった。

ベランダからテラスに昇格したから、居心地がいいのだろうか。それともルリマツリが気に入ったのか。

このルリマツリはチョウが好む蜜が入っているからと、手に入れたものである。

食べものがあって、眠ることもできる花木のあるテラス付き。

この辺りはいっぱいマンションがあるが、アゲハさまの条件を満たす物件は、そうそうありませんヨ。

はじめはペチュニアの上にいましたが・・
夜にルリマツリの方へ移動しました(暗闇で撮影)

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA