蘭を描く

水墨画の定番「蘭」の絵は、春と秋に飾ることが出来る。

春蘭と秋蘭である。

四君子(梅・竹・蘭・菊)の中で2番目に難しい。
では1番難易度の高いのは何か。

1.竹 2.蘭 3.梅 4.菊
の順だと私は思っている。

各々に筆法があり、古来からの先人の教えに乗っ取り描くと様になるが、自己流では「気」が入らない。

玉麗会ではいろいろな絵を練習してもらって、時折四君子を手本に加え、難しさを体験してもらう。

先日入会した人が、四君子のどれかにすぐ当たることもある。
その時は描けなくても、またいつか回ってきた時には描けるようになっているかもしれない。

筆法とはそういうもので、四君子ばかり描いていても上達するものではない。
むしろイヤになる。

春蘭を描いた。
季節は秋に向かっているので秋蘭も描いてみた。
春蘭は来年の上半期、秋蘭は下半期の手本になる。

コロナ禍で急激に減った会員数が、ほんの少しだけ回復しつつある。

外に出なくなると、何か習い事をと思って、ネットを検索してくれるのだろう。

動画100点を見てくれたなら、こんな絵描いてみたいナと思ってくれるはず・・・・・と信じて、私達は制作した。
1人でも多くの人の目に触れることを、願って止まない。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA