他家の庭

見上げると、フェンスに絡み付いてピンクのノウゼンカズラが7メートルぐらいまでビッシリ。

毎年咲くが、今年の夏は少なかった。
それが今、咲き誇っている。
こんな上まで登って行けるのはワタシしかいないよ、と言っているみたいに。

大通りへの道すがらには、いろいろな花達に会うことが出来る。

赤のヒガンバナはまだだろうと先日書いたが、そうではなかった。
赤とクリーム色がひとかたまり植えられていた。
いつも反対側の側道を通るので、気がつかなかったのだ。

その近くにも30本余りのクリーム色。
もうちょっと長く咲いてくれたら、と思うがすぐ終わってしまう。
最も赤い方はドキッとする花だから、長くない方が良いのかもしれない。

いつ通っても咲いている花がある。
コバランタナ、小さな花が集まって径5センチぐらいの玉になる。
紫色なので余り目立たないが、1年中咲いているのが強みだ。

白とルリ色のルリマツリを垣根に這わせている家があって、昔はマメに世話をする人がいたのだろう、たくさんの花を鉢に植えて吊るしていた。
今はちょっと淋しくなった。

家々の庭を眺めるたび思うこと。

私が戸建てに住んでいて、もしほんの少しの庭があったなら、季節の花々が途切れなく咲いて、道行く人の目を捉えるだろうナアと。
レモンの木を1本植えて、アゲハの舞う庭にするか。

想像だけは楽しく膨らむが・・・。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA