夏と冬の悲劇

夏と冬ではどちらが好きかと問われると、どちらもかなわんナァと心底思う。年を経るごとにその思いは強くなる。

今は夏。

とにかく暑い。

「エアコンをかけたらよろしやん。ヒンヤリ快適ですヨ」と言える人が羨ましい。

「毎年書いてますけど、アレ、エアコン違いますよ。クーラーです。私の骨まで冷やしてくれますワ。そのせいで夕方になるとお腹が張る。胃の調子が悪くなる。けど、なかったら熱中症まちがいなしですよね。」

一気にまくし立てたところで、どこにも責任者いません。

仕事中ともなればなおさらで、寒いナァと感じ出しても、止めたら皆さん暑くなる。仕方ないからなるべく冷気の届かない場所を探して立っている。足が疲れる。

ああ、まだ8月初旬だというのに、私はすでに夏バテ症状。

冬は冬で寒いし・・・。でも暖めることはできるし、温かい飲み物は体をゆるめてくれる。

しかし・・・大敵「風邪」が忍び寄る。罹患すると、悲惨な目にあうことは言うまでもない。

冬には夏を思い、夏には冬がマシかとカン違いしたり・・・。そうやって1年の半分が過ぎてゆく。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA