快力の話(怪ではない)

娘の運転歴はけっこう長い。

すぐには思い出せないが、ハラハラ、ドキドキ、ゲラゲラの話はいっぱいある。

私の知らない武勇伝もいくつかあったようで、今日教室で披露した。

教室から爆笑が聞こえた時、お茶の用意をしていた。

 

免許取りたての頃のこと。

細い道を通っていて、小さな溝に脱輪した。

周りは工場があるだけの寂しい場所で、人っ子1人通っていない。

娘は力自慢であった。この頃の娘を「アトムのいとこ」と言っていたのを思い出す。

頼る人がいないと判断した彼女は、エイヤッと車体を持ち上げた。

側溝から出すと、ウーンショと車を押した。

動き出した車に飛び乗って、たぶんニンマリ笑っただろう。

映画のワンシーンである。

 

ウソのような話であるが、ホントのことだ。

その頃の軽自動車は軽量だったのかもしれない。

友人から1万円で譲り受けたこのアルトに乗って、アルバイトにも通っていた。

アルバイト先のオニイサン達がポンコツ車を面白がって、塗り替えてやろう、となった時、「ピンクがいい」と言ったらしい。

ピンクの軽自動車はその後けっこう長い間、八尾の街のあちこちに出没していたようだが、私は乗せてもらった記憶が薄い。

この時代の娘の運転能力を信じていなかったのかもしれない。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA