夏仕様へ急げ

涼しさは見た目によるところも大いにある。
グリーン系・ブルー系のものが身近にあると、気分的にほっとする。

わが家には思いもよらぬ建材があったりする。
プラダンである。
プラスチックダンボールの略だろうか。

何のためにこんなものがあるのかと言えば、「涼」ではなく「暖」に使うために調達した。
色はブルー。

レースのカーテンの外側に置いてみたら、外の光が透けて涼しげな不思議な色彩を作ってくれる。
外熱を遮る役目も担ってくれる。
外からは見えにくく、内側からも見えなくていい窓に立てかけることにした。
ウン、いいカンジ。

今年は部屋内を夏仕様にするのが遅れている。
私がなんとなくその気にならなかったせいだ。
これは体調が良くなかったと言い換えられる。

少しマシになった。
早速昨日からあちこち点検して、策を練っている。
娘がいない時、1人でベッドのマットレスを取り、横に立てかけた。

私のベッドは、電動で2カ所折れるようになっている。
頭部を上げ、脚部を曲げるように。
それでマットレス(は厚焼き卵のようにクニャとなる。
重量もある。
なかなか思うようにならず、プリン!と反ったりしたら、私は跳ね飛ばされてしまう。

そうならないように慎重に移動し、とにかく立てるまではナントカ。
けれどもベッドを1人で動かせることは、もう絶対に無理になってしまった。
1人でするのはここまで、あとは娘に要請しよう。

このきゅうりはもう美味しく頂きました

 

マットレスを取って、床に20センチほど近づく。
これで体感温度は1度くらい低くなるらしい。

ベランダの陽避けがまだ完成していない。
きゅうりが伸びてかなり役目を果たしているが、1本では・・・・・。
来年は4〜5本植えることにしよう。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA