第110回「長居 美しい墨彩画」

今日は暖かい日でした

今日は短冊の桜です。
桜の花よりも、幹の方が描きにくそうでしたね。
花も幹も線描きはせずに、筆の腹を使ってかたちを作らねばなりません。

線で輪郭を作る描き方を「鉤勒(こうろく)法」、輪郭をとらず面に彩色して表現する描き方を「没骨(もっこつ)法」といいます。

今回の桜は、花も幹も没骨法で描きます。
難しそうでしたが、とてもいい感じの短冊が完成しました!

長居の「美しい墨彩画」レッスンは、2022年は3回のみです。
5/31(火)
10/25(火)
11/22(火)
です。
またブログでお知らせしますので、よろしくお願いいたします。

本日ご参加の皆さん、最後の片付けを手伝って下さったMさん、Nさん、ありがとうございました。
Mさん、今度は久々の教室でお会いできるのが楽しみです!

【第111回 美しい墨彩画のお知らせ】

日時:2022年5月31日(火)午後1時30分〜3時20分(午後1:00より受付)
場所:長居植物園「花と緑と自然の情報センター1 階「ラボ室」
最寄り駅:下記の図を参照ください。
参加費:1,900円(教材・材料費込)
持ち物:使い古しのタオル、マスク
テーマ:「ビワを描く」
定員:12名
申込先:06−6694−8788(花と緑と自然の情報センター)

【注意事項】

コロナ予防対策として、
1.教室では「マスク」を着用ください。
2.消毒液で手指を清潔にしましょう。
3.ラボ室の定員は12名です。
※長居パークセンターより、コロナ対策をふまえた参加ルールが設けられていますので、当日体調不良の方は、予約されていても参加をお断りする場合があります。ご了承ください。

【お申し込み・お問合せ】
花と緑と自然の情報センター
06−6694−8788
※定員を超えると締切られます。

長居講座年間スケジュールは→「教室紹介」のページでご覧下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA