長居「第105回美しい墨彩画講座」

今日は曇り

 

雨は降りませんでした

 

テラス?にある巨大テーブル こんな大きな机が欲しいな

 

アザミのくるっと丸めて描く花の部分、独特です

 

でも葉っぱの方が難しい

 

昨年の長居講座は半分くらいがコロナで中止になり、お手本をやりなおしたので、少し時期が前後して・・・・

アザミと蝶です。

蝶は春から夏にかけて活動する昆虫です。
でも、実際には秋くらいまで飛んでいます。
気温が高ければ羽化するのです。
寒くなると、どの段階で判断するのか分かりませんが、越冬する覚悟を決めるようです。

越冬=つまり冬眠ですが、サナギの状態でじっと冬の寒さを耐えて、春になれば羽化します。
そんなふうにして、命が繋がっていきます。

冬の間、ちっぽけなサナギが、一体どこでどうやって厳しい寒さを乗り越えるのか、想像もつきません。

春から夏の良い季節に生まれた子は美味しい新芽にもありつけるだろうし、気温も高くてラッキーです。

一方、秋から冬の季節の変わり目に生まれた子の運命は、春夏生まれの子とは比べ物になりません。

私も冬生まれですが、冬眠はしません。
これからの季節に重要な使命を背負って蝶になる子の運命を思うと、感慨深いです。

 

本日、参加の皆さん、最後きれいに道具を片付けて下さったYさんとYさん、ありがとうございました。

次回もお待ちしております!

【第106回 美しい墨彩画のお知らせ】

日時:2021年10月26日(火)午後1時30分〜3時20分(午後1:00より受付)
場所:長居植物園「花と緑と自然の情報センター1 階「ラボ室」
最寄り駅:下記の図を参照ください。
参加費:1,900円(教材・材料費込)
持ち物:使い古しのタオル、マスク
テーマ:「キキョウ」※クリックで詳細が見られます。
定員:12名
申込先:06−6694−8788(花と緑と自然の情報センター)

【注意事項】

コロナ予防対策として、
1.教室では「マスク」を着用ください。
2.受講時間は通常より30分短縮となります。
3.ラボ室の定員は12名です。
※長居パークセンターより、コロナ対策をふまえた参加ルールが設けられていますので、当日体調不良の方は、予約されていても参加をお断りする場合があります。ご了承ください。

【お申し込み・お問合せ】
花と緑と自然の情報センター
06−6694−8788
※定員を超えると締切られます。

長居講座年間スケジュールは→「教室紹介」のページでご覧下さい。

(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA