MRI

この機会の中に入るのは3度目である。

めまいが始まった頃、肩が痛くて手指までシビれてきた時、そして今回の膝痛!

何度体験しても、その都度おそろしいと思う事柄もあるとは思う。

しかしMRIは痛いものではない。

あの狭いトンネルの中へ入れられること自体が、恐怖であるという人もいるらしいが。

私の場合、今回は膝だったので、胸から上は外に出ている安心感もあった。

目をつぶって機械が発する騒音を聞きながら、瞑想していた?

耳には耳栓、ヘッドフォンをつけている。

機械がやや静かになった時だけ、クラシック音楽が流れていることがわかる。

これは交響曲なのか(実はさっぱりワカリマセン)と思ったとたん、又しても騒々しい建設現場のような音がする。

「ハイ、終わりました」と声を掛けられた時、私はボンヤリしていた。

 

初めてMRIを体験したのは、もう20年ぐらい前のように思う。

やっと吐き気から開放されて、でも又めまいはやってくるかもしれないと、恐れおののきながら。

この時は頭の中を調べる必要があってのことだから、全身トンネルの中へ入れられた。

なんとマア長い25分間であっただろう。

次の日、私はショック熱?を出した。それほどイヤなことだったのだ。

ひょっとして私は数分眠りに落ちたのだろうか。

まさかあのうるさい音の中で?

今回の25分間は、初回とは比較にならないほど短く感じられた。

やはり、3回も体験したら平気になってくるらしい。

しかし、MRI後遺症なんてないのかね。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA