メジロと桜の図

午前中の仕事が午後にズレ込むことはある。
けれども最近の私は、午後から仕事を始めることはない。
ところが今日は違った。

早目の朝食を終えてすぐ、色紙絵に取り組んだ。
メジロと桜、来年の手本を今から描いている。

同業の友人が言う。
「尊敬するワ、私なんて今日教えるのを今描いてるのに」と。
「性格の違いだろうねェ」
と応えながらも、ソンケイすると言われて悪い気はしない。

彼女は私より4歳若い。
以前はそれぐらいの差、なんてことないと思っていたが、今となってはもう歴然と体力の違いを見せつけられる気がする。
体力のない私は、1年間ぐらいの手本を持っていて初めて、余裕を感じることができる。

メジロと椿は定番のように描いてきたが、かの鳥は梅・桜・さつきなどに止まらせてもサマになる。
ピンク系の花によく似合う鳥だ。
わが家のベランダにやって来るので、より身近に感じられるようになった。
何より愛らしいのが好まれる。

今日なぜ午前中に描けなかったのかというと、駅前まで出かけていたせいだ。
カードにチャージしておかないと、バスの中で切れているのが発覚した時の対処の仕方がわからない。

バスの中でもチャージ出来るのだろうか。
知らないことに遭遇した時、慌ててしまう。
慌てるとロクなことがない。
少しぐらい面倒でも、準備しておくことの方を選ぶようになったのは当然のことだ。

帰って掃除。
娘が掃除機をかける、私はモップで拭く。
ベランダも玄関先もキレイになった。
お昼は簡単に焼きそばを作り、後片付けもサッと。

正午から描き始めた。
今回は1回で気に入ったのが出来上がり、ボカシをかけて完成。
洗面所に掛けたら、ひと足早くお花見ができそうな雰囲気になった。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA