クサイ事件

アゲハの幼虫、黒虫やグリンは怒るとツノを出す。

濃い黄色のそれは全ての悪臭の要素を含んでいる。
うっかり手についたら石鹸で洗ってもしばらくは消えない。
あまりにも臭いため、私はツノが出たらギャッと言いながら、その部屋から退散する。

娘の話では、小さい頃の方がより怒りっぽいとか。
その禁断の飼育ケースの中に、よりによってアゲハが落ちた。

そこには10匹ほどの黒虫・グリンがいた。
幼虫達にしてみれば、鳥がやってきたと思っただろう。

確かにそのアゲハは大きい子である。

敵襲来!

ブリンブリン!とすべての幼虫の頭からツノが出た。

落ちたアゲハは、羽根の一部が伸びきらず、しっかり飛べないので、娘がハチミツを与えている子である。
あまりの臭さにきっと失神したのではないだろうか。

ケースの中でジタバタしているアゲハを救ってやり、ついでにちょっとニオイを嗅ぐと、クサイ!
グリン臭であったという。

以上は、わが家の本日のハプニングであった。

私はベランダで花の世話をしていたので、見てはいない。
その時私ならアゲハを取り出してやるなんて、とてもできなかっただろう。

詳細は聞いていないが、さすがアゲハのベテラン世話係、めげることなく処理したことに拍手である。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA