後期手本

後期手本(7月から使用)を
各教室へ持参している。

細かく描き込む絵を手本にしたいと思うが、
なにしろ時間に制限がある。
添削にも時間がかかる。
などなどの理由でどうしても
単体のものが多くなってしまうのは
否めない。

5月2回目は風景で、崖に橋がかかっている図。

皆さん難しいと言いながら取り組んでいる。

花や鳥ならボカシで埋められる所を、
樹々や川など描き込まなければならない。

「あとはよろしく」
笑ってバトン(筆)を渡されたりする。
うれしいような困ったような・・・。

描き込むことはちっとも苦にならないが、
黒々と線のようになっている絵を見ると、
わずかに困惑につきまとう。

そこを何とかねじ伏せて、
とにかく全体でまとまるように工夫する。

風景の添削には腱鞘炎がつきもので、
家に帰ったら貼り薬のお世話になる。
フロ上がりにも貼っておく。
それで何とかやり過ごしてきた。

 

新しい手本の中にメダカと露草の絵がある。
スッと引くだけで泳いでいる魚を
表現しなければならない。
これも難しい、とても。

時間があまった時、何尾か描いてみて下さい。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA