困ったナァ

6月から教室が再開できると思っていた。

しかし実際にはほんの一部だけで、公共の場所はすべて9月まで閉館となってしまった。
あ〜あ、どうするの?

悪態をついても愚痴を言っても、お役人が運営する場所は、何でも「一斉に」となってしまう。

役所は何かが起きないと動いてくれないのに、何かが起きてしまうとピタッと閉じる。
そして絶対に安全と思われるまで、閉じたまま。

玉麗会の教室は、ほとんどが公共の場所にある。
お手上げとはまさにこのこと。

さて、嘆いていても仕方ない。
何かアイデアを絞り出さなくてはなるまい。

通信教育、オンライン教室など、こうなる前に考えたことは調べたり、実験してみたが、どれも不慣れな会員にはなかなか難しく、費用もかかる。

しばらくの間は、次のステップへの熟考と試行錯誤が続くことだろう。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA