国宝拝観(+動画 松)

(本日の動画はブログのいちばん最後にあります)

宝物殿に入ります(普段は入れません)

 

こちらは誉田八幡宮

 

国宝を1度に6点も見ることができる機会は、そうそうあるものではない。

道明寺天満宮宝物殿(明治35年築)を、さらに贅沢なことに宮司さん直々に案内して頂いた。
氏子としてボランティアに励まれているKさんのおかげと、感謝している。

御祭神は3柱である。

菅原道真公(学問の神様)
天穂日命(アメノホヒノミコト:天照大神の御子)
覚寿尼公(道真公の御叔母)

国宝は、櫛・鏡・笏(シャク)・小刀・硯・革帯の6点で、いずれも道真公の愛用の品、その他にも重文の鏡、太宰府天満宮の絵図など。

天神縁起図は扇面絵が60枚もあり、説明していたら1枚1分でも1時間かかるから、この冊子を見て下さい、と宮司さん。

貞明皇后から雪井良子女官に下賜されたという螺鈿(らでん)の手箱はひときわ目をひく品で、「素晴らしい」以外に表現の言葉が見当たらない。

雪井良子女官は、宮司さんの大伯母上に当たる方だとか。

神域に住んでおられる方は、昔は公家のみであったと聞いたことがあるが、宮司さんのお顔が出自を証明していると感じ入った。

この神域で、35周年展を行う予定であったが、コロナ禍で来年に延期となった。

この日、再度会場申し込みで天満宮を訪問した私達、サプライズは宝物殿であった。

2021年4月2(金)3(土)4(日)、3日間開催を予定しています。

(玉麗)

べべ・ロッカの
「水墨画3分ムービー 100回シリーズ」
第98回は「松」(2分18秒 音あり)です。

チャンネル登録はこちら。↓
YouTube「べべ・ロッカチャンネル」


よろしくお願いします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA