小箱の中味 後編

ペンダントトップは、プラチナにびっしり
極小ダイヤがちりばめられて、
光を受けるとキラキラ輝く。

友人達に、きれいねと言ってもらって
喜んでいたのに・・・・・。

片方の耳が軽くなっているのに気付いた時、
私はきっと顔色が変わったに違いない。

でも個展会場で大騒ぎする訳にはいかず、
娘に耳打ちして捜しに出た。

軽いものではないので、床に落ちたら
きっと音がする。
しなかったのは絨毯の上に落ちたからだと
考えて、自分がその日歩いた場所を思い出し、
目を凝らして捜し歩いた。

どこに落ちていたのかはもう思い出せない。
ずいぶん前のことだから。
しかし、見つかったのだ。
奇跡的に!

このイヤリングはその後もう1度紛失した。
が、なぜか私のもとに戻って来た。

たくさんあったイヤリングはすべて
娘に譲った。

彼女の耳元で揺れるイヤリングを見るたび、
女性は耳飾りをつけるときれいに見える
との言葉を心から納得する。

今はもうイヤリングをつけることはないが、
私の小箱にはひとつだけ、
落としても帰ってきた幸運のティアドロップが
入っている。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA